やっぱりブリーダーが良いの?仔犬を購入するときのポイント

ブリーダーとペットショップの違いとは?

「仔犬を購入するときはブリーダーの方が安心」という人もいます。

確かに、ブリーダーは仔犬の繁殖・育成の専門家ですから安心感は高いですよね。

しかし、ペットショップで販売されている仔犬も、元々はブリーダーの手によるものなのです。

ペットショップの仕入れ先は、日本全国のブリーダーです。お店・企業ごとにブリーダーと契約を交わし、仔犬を卸してもらっています。

なかには、繁殖させた仔犬をペットショップへ卸さず、個人で販売しているブリーダーもいます。「ブリーダーから購入する」というのは、こうしたブリーダー個人から購入する場合です。

ブリーダーってどんなことをしているの?

一般的に優良と言われるブリーダーは、いくつもの犬種を扱うことはなく、単体種の繁殖と育成を行っています。

犬には種類ごとに犬種標準(スタンダード)と呼ばれる犬種ごとの理想像とされるものがあり、ブリーダーはよりスタンダードに近付けるために犬の体調管理や繁殖管理をしています。

スタンダードに近い犬はドッグショーに出場するショータイプ、そこから外れている犬はペットタイプと呼ばれ、ブリーダーが販売しているのはこのペットタイプの仔犬です。

どちらで購入するのが良いの?

それでは、ペットショップとブリーダーのどちらが購入先として適しているのでしょうか。

実は、どちらが良いという絶対の正解はありません。ブリーダーとペットショップのどちらが適切かはケースバイケースだからです。

たとえば、まだどの犬種を飼うか決めていないのでしたら様々な犬種を扱うペットショップの方が向いていると言えますし、犬種が決まっていて血統も確認したいのでしたらブリーダーがおすすめです。

ペットショップなら神奈川の有名店を利用することで、顧客対応の良いスタッフと話し合いながら、飼育しやすいペットを選ぶことが可能です。

  • |