見易さかデザインかアラームか?便利な時計選びの考え方

見易くシンプルな文字盤の時計を設置すべき部屋は

自宅の中でもスケジュールに追われ、また1日のスタートを切るに相応しい部屋となると、やはり家族皆が集い朝食を取るダイニングやキッチンとなるでしょう。会社や学校へ出発へ出発するベストのタイミングを計り、また調理にも絶妙な時間のタイミングを計る必要性が出てきますから、ここに設置すべき時計は奇抜なデザインよりもむしろ、シンプルでも文字盤が大変見易い大きめの時計に違いありません。壁掛け時計であればサイズや場所を気にせず見易いどのポジションにも設置出来ますし、購入出来る店舗の候補も大変豊富。真っ先に導入を考えるべきですよね。

落ち着ける場所にはデザイン性を重視した時計も

自宅でもそれ程時刻を気にせずゆったり寛げるリビングやプライベートを楽しめる個室なら、壁掛け時計や置き時計のデザインが凝っていてもそれ程の不便は感じないでしょう。個人のセンスを最大限発揮出来るところでもあり、楽しみながらチョイスしたいところですよね。またダイニングやキッチンとは違い汚れにくい場所ですから、多少高価なブランドものの時計でも大丈夫でしょう。スペースさえ許せば、鳩時計を始めとしたからくり時計を設置しても大変面白いものです。

文字盤よりもアラームを重視したい目覚まし時計

ダイニングやキッチン同様、現在時刻を知るのが最重要となるベッド傍の目覚まし時計。ただ現在時刻を直接文字盤を見て確かめるよりも、それを聴覚や視覚に訴えて知らせてくれるアラームの方がはるかに必須の機能でしょう。特に毎日朝を寝過ごさない為にも耳に強く響くアラーム機能は重要。文字盤の大きさやデザインよりもはるかに優先して、自分がすぐに起き易いタイプのアラームを持った目覚まし時計を選ぶべきですよね。

IWCとは国際捕鯨委員会を指す言葉です。国際機関の事務局は、イギリスのケンブリッジに存在しています。

  • |