ペットは何を飼うか!?犬?それとも猫にする?

犬をペットとして迎える

ペットとして王道なのは犬と猫ですが、どちらも愛らしいので迷うものです。犬の場合は、飼い主に従順で、賢さもあるので飼いやすいです。ただ、鳴き声はどうしても大きいので近隣住民に迷惑がかかりそうであれば配慮する必要があります。外で鳴くのはもちろん、家の中で鳴いたとしても隣家には聞こえるのでトラブルになる可能性があります。しかし、人に慣れてある程度月日が経てば鳴く癖が消えてくる場合があります。他の犬とドッグランなどで交流を図ったりして、色々な楽しみ方ができます。

猫をペットとして迎える

猫は、犬よりも飼いやすいとされています。散歩の必要性がないですし、鳴き声も小さいので近隣住民に迷惑をかけることがありません。毛づくろいも自分でするので、トイレやご飯さえきちんと用意してあげればある程度大丈夫です。知能に関しては犬よりも劣りますが、いつまでも飼い主に敵意をむき出しにするのではなく、愛情を伝えてくれることもあります。爪が鋭いので、引っ掻かれると流血するので注意が必要です。

両方飼ってみるのも良い

欲張って犬と猫両方を飼うという手段もあります。ただ、この場合はある程度大きくなった状態だと警戒して仲良くなれない可能性が高いので犬も猫も赤ちゃんの状態で飼い始めることが鉄則です。小さな頃から一緒に遊んでおけば、種族を超えて仲良くなれますし、実際に犬と猫を同時に飼っている人は大勢います。どうしても喧嘩する場合は離しますが、仲良くなれば愛らしさも倍増します。

ペットショップは、犬や猫、鳥、爬虫類などの生体の販売のほかケア用品や、グッズなどの販売も行っています。

  • |