野菜の下ごしらえも簡単!時短ができるお手軽アイテム!

野菜を簡単にいろいろにカットできる

料理をするときに野菜は欠かせません。ただ、野菜をそのままだと生でも食べにくいですし、加熱もしにくくなります。一定の大きさにカットしたり形を変えたりする必要があります。通常は包丁を使いますが、キッチングッズを使いこなせばかなり楽にカットが可能です。キャベツの千切りをしたいときに便利なのが専用のカッターです。カッターに合うサイズに切り、後はキャベツを前後に動かすだけです。どんどん千切りができます。違うタイプは、ピーラーをキャベツに当ててどんどん千切りを作れます。キャベツ以外にも、ねぎの千切り、人参の千切りができる道具もあります。機械を使えば便利ですが1台がそれなりにします。カットするアイテムは、100円ショップで買えるものばかりです。

野菜を簡単にきれいに洗える手袋

スーパーで野菜を買うときれい洗われています。根菜類などは本来は土の中に埋まっていますから、土で汚れているはずです。流通の過程か販売前などにきれいに洗ってくれているのでしょう。でも、八百屋さんであったり、自然栽培を売りにしている野菜などは土がついたままの場合があります。この時は自宅で洗わなくてはいけません。土をきれいに取ろうとすると、たわしなどを使わないといけません。この時に便利なキッチングッズがゴム手袋です。普通のゴム手袋ではなく、手の部分がざらざらしています。このザラザラがうまく汚れを取ってくれます。主にごぼうを洗うのにいいとされていますが、それ以外の汚れた野菜でも使えます。少し手を上下するだけで、簡単にきれいになります。

キッチン雑貨の場合、スムーズな調理に役立つ商品が多数存在しているため、調理時間の短縮にもつながります。

  • |