機械式時計をこれから持つ人必見!オーバーホールを知ろう!

オーバーホールにかかる時間と依頼する場所を教えて!

機械式時計は精密な部品が使用されている時計のため、経年劣化などが避けられないアイテムです。しかし、3年から5年ごとのオーバーホールを行えば、安定した精度を保て、末長く愛用できます。一般的にオーバーホールは、時計店及び機械式時計を制作した時計メーカーへ依頼し、数週間のメンテナンス期間を経て手元へ戻る様です。メンテナンス期間は機械式時計の機能によって変化しますが、より複雑な機構であれば長い日数がかかるでしょう。

オーバーホールって具体的に何をするの!?

オーバーホールはプロの時計職人によって行われますが、機械式時計の状態確認を行うことからスタートするのが一般的です。操作性や精度、運針の状態や残留磁気の有無、外側のチェックも細かく行われます。次にケースやブレス(バンド)を取り外して洗浄を行い、螺子のゆるみなどを調整します。その後、オーバーホールのメイン作業である分解修理に入ります。ムーブメントの分解をし、解体した微細な部品は全て摩耗や故障が無いかのチェックをし洗浄されるのです。金属部品の摩擦によって発生した金属粉や汚れた潤滑油を取り除き、必要があれば部品交換も行われます。防水性能などを強化するためにパッキン交換された後ケーシングし、最終点検が終われば全ての工程は完了です。

オーバーホールってどの程度料金がかかるの!?

一般的にオーバーホールは町の時計店へ依頼すると料金が割安と言われています。とは言え、モデルの種類でも異なりますが、5万円前後がオーバーホールに掛かる料金の目安です。オーバーホールは長期間行わずにいると修理代がかさむ傾向にあるため、定期的に行う方がコストパフォーマンスに良いと言えます。大切な機械式時計の寿命を長くしたいなら、メンテナンスは忘れずに行うことです。

ウブロとはスイスの高級時計メーカーです。品質、技術、デザインに優れ、世界中から愛されているブランドです。

  • |