省エネから食用まで幅広い効果がある壁面緑化

壁面緑化のメリットとは

壁面緑化にはコストや手間がかかりますが、直射日光を防ぐなど多くのメリットがあります。壁面緑化の方法としては、外壁面にネットやワイヤーをはり、そこに植物を這わすことになります。日光が直接建物に当たらなければ、内部の温度上昇を抑えるだけでなく、紫外線による外壁や建物へのダメージも防げるわけです。夏場ではエアコンなど空調費の節約にもつながるので、幅広い面でメリットを享受できると言えます。また、建物の外側においても、植物からの水蒸気が発生するので、周囲の気温を下げる効果が期待できます。加えて、地域によってはヒートアイランド対策の補助金を支給する自治体もあり、ローコストで壁面緑化が行えるようになっています。

壁面緑化に適した植物とは

壁面緑化に適した植物として、先ず挙げられるのがゴーヤです。暑さや虫に強く、育てやすいのが特長になっています。何よりゴーヤは野菜なので、収穫して食べられるのが魅力です。葉が適度に茂るので、室内が暗くなりすぎないのもポイントの一つです。育てる上での注意点としては、連作すると病気になりやすいことです。次に挙げるのが朝顔で、昔はどこの家でも見られた光景です。中でも西洋アサガオは日よけに適しており、葉が程よく茂ります。アサガオも育てやすいのが特徴で、温暖な地域であれば越冬させることが可能です。育てる上での注意点としては、定期的にツルを整理しないと、過剰に繁殖してしまうことです。そして、最近、人気が出てきたのがヘチマで、若い実が食用にもなるのが特徴です。種類によって果実や実が大きく育つので、一般の住宅では大きくならない種類を選ぶのが適切だと言えます。

壁面緑化は、建物の温度変化の差が少なくなるため、季節を問わず快適に過ごすことが出来ます。また、こうした性能面だけでなく、デザインの観点からも非常に注目を集めるようになっています。

  • |